若白髪を治したい!

僕は小学生のころから、頭に白髪が生えています。白髪のせいで恋に臆病になり、友達からは「ジジイ」jと呼ばれる・・・こんな若白髪をなんとか治してやるぅ!!


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
酢卵は、鹿児島県奄美郡の伝統食品です。

ガンや脳疾患、脳卒中などの生活習慣病を始め、肝臓病などにも効果があると言われています。

しかし、それ以外にも白髪の予防・改善にも効果があると言われています。

白髪のある人329名に、5年間にわたり酢卵を飲んでいただいた結果、43名(全体の13%)の人が
白髪が黒くなったというデータもあります。

酢卵は、卵を殻ごと酢につけてつくります。

卵の殻には炭酸カルシウムや亜鉛、アミノ酸やミネラルなどの多くの栄養が含まれています。

また、醸造酢にも、酢酸のほか8種類の有機酸をはじめ、グルタミンなどの成長ホルモンに
欠かせない栄養素が含まれています。

このように、酢と卵の栄養素が重なり合って、髪を黒くするために必要なメラニン細胞刺激ホルモンが
生み出され、白髪を黒くする効果があると言われています。

白髪の予防・改善につながったというかたは、酢卵を長期間飲んでいました。

簡単に作ることができますので、興味のある方はぜひ試してみてはどうでしょうか。


《酢卵の作り方》

■ 材料
--------------
生卵 3~4個
酢  500ml
--------------

①ふたつきの瓶に、よく洗った卵を入れ酢を注ぎ込む(卵は殻付きのまま)
 すぐに卵の表面から気泡がでてきます。

②酢に入れた卵は翌日には浮き、3日ほどするとピンポン玉ぐらいに膨らみます。

③そのまま一週間ぐらいたつと、卵の殻が完全に溶け、卵の薄皮が残ります。
 その薄皮を取り除き、中身をよく混ぜたら出来上がりです。


《酢卵の基本の飲み方》

1日3回40ml程度ずつ飲む。
飲みにくい場合は、はちみつを加えてもOK。
冷蔵庫で保管し、1ヶ月で飲みきるようにする。


作るのが面倒な人は楽天でも売ってますので、下記からお買い求めください。
スポンサーサイト
テーマ:若白髪を治そう! - ジャンル:心と身体
髪にまつわる基礎的な知識を今回は紹介します。

白髪・抜け毛・薄毛の直接的な原因は、頭皮の毛母細胞の働きが悪くなること。

髪の毛を作る役目を持つ毛母細胞の働きは加齢によって細胞自体が弱った時や、

食生活の乱れ、ストレス、頭の皮膚トラブル、生活習慣病、男性ホルモンの影響が

強く現れたときに低下します。これが、脱毛や薄毛などの症状を引き起こします。

脱毛や薄毛を予防し、また解消するには、毛母細胞の働きを高める必要があります。

そのポイントは2つ、ひとつは髪に良い栄養素を取ること、もう一つは栄養が

十分に毛母細胞に行き渡るよう、頭皮の血行をよくすること!

髪に必要な栄養素は、タンパク質、ミネラル、ビタミンなどです。

特に良質のたんぱく質を含む卵や大豆、亜鉛などのミネラルやビタミンが

豊富な緑黄色野菜や海草、小魚などは不足しないよう心掛けて食べることが重要です。

頭皮の血行をよくするには養毛剤を使ったり、頭皮をマッサージすることが効果的です。

現在市販されている養毛剤の殆どが頭皮の血行促進を目的としているので、

使用感のよいものを半年間ほど継続して使い続ければ、効果が期待できるでしょう。

栄養バランスの良い食事をとり、頭皮の結構を促せば脱毛の解消や育毛の促進は

不可能ではありません。

がんばっていきましょう!

でも、がんばって続けて効果が出なかったら急ぎよく白髪染めで染めましょう(笑)
テーマ:若白髪を治そう! - ジャンル:心と身体
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。